おとな育児ドクトリン

私のあだ名は軍曹です、ここは育児雑記や書評のブログです

泣きっ面に蜂のおっぱいトラブル発生!:横浜市の出張専門「小さき花母乳育児相談室」利用レポート

おっぱいが、いてえ (真顔)

哺乳ストライキがひと段落し、息をつく間もなく乳の痛みが襲ってまいりました。
というか、「哺乳ストライキ中も痛かったけど、そんなの気にしている場合じゃなかった」が正確なところ。

そうこうしている間に哺乳ストライキ開始から3日経ち、痛みはドンドコ激しくなるばかり。
特に息子が何故か嫌がって飲まない左乳が、エグいほど痛い。
そして左乳を触ってみると、しこりっぽいものがある……気がする。
怖い、乳腺炎とかなりそうで、怖い!

あまりに怖いので、母乳マッサージ初体験しちゃおうと決意しました。
旦那にはナイショです。(訳:いちいち相談する間も惜しい)
だって、息子の食料が危機一髪!
これはもう仕方ないよね、グッバイ、私の諭吉さん……。

港北区の母乳相談室、満員御礼(圧倒的不足感)

この時点で私の知っている母乳育児相談室は2つ。
ひとつは桶谷式で検索した際に出てきた、隣町の「上條母乳育児相談室」。
もうひとつは「地域子育て支援拠点」で教えてもらった、綱島にある「たけうち母乳育児相談室」。
どちらの相談室も水曜日はお休みのようでしたので、痛みに悶えながら一晩過ごしました。
もうすぐ、もうすぐやで……。

で、明けて木曜日の午前中。
以前から桶谷式に興味があったので、まず「上條母乳育児相談室」にお電話しました。
受付の方「予約は早くて1ヶ月後になります」
私「そうですか……。実は、おっぱいがすごく痛くてですね……」(急患ワンチャン狙い)
受付の方「今日明日の予約いっぱいですね」
私「ありがとうございます。急ぎなので、他をあたってみますね」
はい、撃沈!

次にあたったのは「たけうち母乳育児相談室」です。
が、何回か電話するも、まったく繋がらず。
8月だし夏休みを取られているのか、もしくは廃業したのか。
留守電にも繋がらなかったので、さっぱりわからず。
ほい、撃沈!

しかし、桶谷式は1ヶ月待ちって、凄いな。
桶谷式でおっぱいメンテして欲しいって考えている方は、出産前から予約しておくのもアリかもですね。
私はもう、いいです。(1ヶ月待ちとか、面倒臭い)

出張の母乳育児相談室を探せ

頼みの綱が2本とも、アッサリちょん切られてしまい、この時点で心が折れました。
もう、なんでもいいから、誰でもいいから助けて……。

ということで、割高だろうと避けていた、出張で来てくれるタイプの相談室に、手当たり次第に特攻しようと決意。

まずは保土ヶ谷にある「小さき花 母乳育児相談室」に特攻。
助産師さん「ちょうど今日は午後が空いているので、行きますよ。ご飯食べてからでもいいかな?」
一発で大当たり、出た。

母乳マッサージ、はじめて物語

電話から2時間程度で、助産師さん到着。
助産師さん「あら〜、貫禄ある赤ちゃんね〜」
ありがとうございます、お待ちしてました。
えらいデカい荷物抱えていらっしゃったので、なんだと思ったら、赤ちゃんの体重計(最新型)でした。

簡単なあいさつの後、「おっぱい、イタイ、イタイ、おっぱい」と焦る私を宥めつつ、丁寧にカウンセリングしてくださる助産師さん。
いやほんと、痛みで焦ってスンマセン……。
体重計で息子の体重を計っていただいたり、おっぱいの状態をチェックしていただいたり。
右乳は問題なしとのことで、「しこり」発生中の左乳を重点的にマッサージしていただくことに相成りました。

で、がっつり1時間以上マッサージ、本当にありがたい。
よく聞く「母乳マッサージが激痛で辛い問題」ですが、こちらの助産師さんは「個人的には」痛くなかったです。
たとえるなら、足裏マッサージみたいな刺激で、「ツボに効いてます!」って感覚です。
マッサージ後は、足裏マッサージよろしく、本当に心晴れやかに。
乳が軽い! 乳が痛くない!
うおおおおお、楽チン〜!!!

せっかくなので、助産師さんに質問したよ

マッサージ中、「私は」暇なのでおしゃべりタイムに。
うるさい患者でスンマセン。

夜間授乳は絶対続けよう

私「今回の『しこり』の原因は、やっぱり哺乳ストライキで乳を満足に飲んでくれなかった時間が長かった……ですかね」
助産師さん「そうねぇ、それだと思うわね」
助産師さん「ところで夜間授乳はしてる?」
私「あ、ハイ。毎日夜中2、3回」
助産師さん「ずっと続けてね! 夜間授乳が一番大事だから! 量も安定するし、コンディション整うから。乳腺炎になる人は、夜間授乳してないことが多いのよ〜」

助産師さん、夜間授乳激推しでした。

おっぱいの味は、哺乳ストライキに関係ない

私「おっぱいの味が悪くなったとか、そういうのもありますかね」
助産師さん「おっぱいの味ね、気にしなくて大丈夫よ」
私「ここの所ご飯作る気力なくて、菓子パンばっか食べてたので、それも原因かと思ってたんです」
助産師さん「食べ物でおっぱいの味が変わるとか、いう人いるわよね。けど、それだけで赤ちゃんが飲むの嫌がることはないわよ」

私「溜り乳でおっぱいが古くなって、まずいとか」
助産師さん「大丈夫、そうそう変わらないわよ〜! まあ、乳腺炎になったら、おっぱいにナトリウムが入るからしょっぱくなるけどね。そこまで酷くならない限り、大丈夫よ」

おっぱいがマズくて赤ちゃんが嫌がる疑惑、完全否定。
これで安心して菓子パン食えます!
(後日談:この後安心して菓子パンむさぼり食ったおかげで、2週間で2kg肥えました。すみません、調子こきました、もうしません)

港北区、赤ちゃん多い問題

私「港北区って、ホント赤ちゃん多いですよね……」
助産師さん「多いわね〜。港北区から呼ばれること、結構あるわよ」

もうね、本当に多いらしいんで。
保育園に入るのも、マジで大変らしいんで。

アフターフォローのお時間だよ

助産師さん「また何かあったら、メールしてね。簡単なことなら、メールでお話しできるから」
私「ありがとうございます!」
助産師さん「(息子を見ながら)かわい〜、クマさんみたい〜。またね〜!」
私「ぜひ〜!(息子を褒められて上機嫌)」

乳がエマージェンシーになったら、またご連絡させていただきます!

出張母乳育児相談室、気になるお値段

初診もろもろ込みで6,400円でした。
安いか高いかは個人の感覚になると思いますが、私にとっては完全に安い。
「上條母乳育児相談室」で予約が取れた場合は、隣町までタクシーで行こうと考えていたので、その値段を考えたら、はるかに安くつきます。
さらに「たけうち母乳育児相談室」は初診7,000円でしたので、むしろ普通に安い。

つうか、ここまで来たら数千円の違いより、すぐ来てくれるかどうかの方が、はるかに重要ですわ。
すぐ来てくれて、本当にありがたかった。

急なおっぱいトラブルは、出張母乳相談室をオススメします

自宅に来てくれるサービス、予想以上に楽でした。
いうほど高くないし、出張タイプの育児相談室は本当にオススメです。
タイミングとかもあると思うので、お目当の相談室がダメでも、他の相談室にあたってみればいいと思います。

あと、港北区は赤ちゃん桁違いに多いらしいので、近所がダメなら他区の母乳育児相談室にあたってみるといいです、間違いない。
港北区の赤子の多さ、舐めてかかっちゃイカンですよ。